平成26年9月の給食

9月30日(火)


牛乳
ごはん
豚汁
鶏肉のゆかり焼き
ひじきの炒り煮


今日は和食の一汁二菜です。よい機会ですから、食事のときの、皿の置きかたについて復習しましょう。
いちばん手前に箸、ごはんが左側、豚汁が右側、そしておかずの皿が、ごはんと豚汁の奥にありますか?
食事のルールはたくさんあります。大人になってから、いきなり全部を覚えるのは大変ですから、今のうちから、ひとつずつ覚えていきましょう。

9月26日(金)



牛乳
ごはん
八宝菜
フルーツミックス


運動会で全力を出すためのワンポイントアドバイス、最終回の今日は、「運動会の前日と当日の朝に大切なこと」をお伝えします。
今日できることはたったひとつ、「よく眠る」ことです。
食べることと眠ることは、とても深くつながっています。おいしい夕ごはんを食べ、お風呂につかり、よく休んでください。
そして明日の朝に大切なのは、朝ごはんです。朝ごはんには体のリズムを整える、目覚まし時計のような役割があります。朝から体を動かす運動会の日には、絶対に必要です。
朝ごはんをしっかり食べて、明日は最高の運動会にしましょう!

9月25日(木)

牛乳
食パン
いちごジャム
マカロニグラタン
ミネストローネ

たんぱく質は、ごはんやパンと一緒に食べると、さらに力を発揮します。
だいたい肉や魚の3倍くらい、ごはんやパンを食べると良いそうです。給食に出るごはんやパンは、この量も計算されています。

9月24日(水)

牛乳
深川飯
かき玉汁
豚肉の生姜焼き

今日のごはんは「深川飯」という炊き込みごはんです。あさりが入っているので、あさりの名産地だった東京都の深川という地名が料理の名前になっています。
深川飯には、ねぎとあさりと煮込んで、ごはんにかけるものもありますが、今日は炊き込みごはんのほうです。
深川飯は体力が必要な漁師さんや大工さんが好きな料理だったそうです。あさりには疲れた体を回復させる、鉄分やタウリンという栄養が多く含まれています。

9月22日(月)

牛乳
ごはん
白身魚のチリソース煮
中華スープ

ごはん、肉や魚、野菜、この3つのバランスが、食事には大切だと、先週おはなししました。では、野菜はどのくらいの量を食べたらいいのでしょうか?
1回の食事で、100グラムは野菜を食べると良いと言われています。今日の献立だと、中華スープに50グラムくらい、チリソース煮に70グラムくらい、全部でだいたい120グラムの野菜が入っているそうです。
バランスが大事、ということを、思い出しながら、毎日、食事するようにしましょう。

9月19日(金)

牛乳
ごはん
薩摩汁
鮭の南部焼き
小松菜の磯香和え

今日は一汁二菜の和食献立です。
サッカー日本代表の選手は、合宿の食事を、「栄養フルコース型の食事」と呼ぶそうです。筋肉をつくる肉・魚・牛乳、エネルギーになるごはん・パンだけでなく、疲れを回復させたり、病気にならないようにする野菜やくだものも合わせて、3つがバランスよくとれる食事のことです。
一汁二菜の給食は、まさしく、「栄養フルコース型の食事」です。日本代表の食事にも、給食と同じく、ごはん、おかず、汁物に、牛乳などの乳製品が必ずつきます。
和食の献立が苦手、という人もいると思いますが、残さず食べて、わたしたちも、強いからだをつくりましょう。

9月18日(木)

牛乳
トマトソーススパゲッティ
いかのガーリック揚げ
オレンジゼリー

みなさんの中には、すっぱい味が苦手という人もいるようです。すっぱいものを食べると、口の中が「キュッ」とすぼまりますよね。これが苦手なのかもしれません。
すっぱい味のことを「酸味」と言います。酸味には、疲れた体を早く回復させたり、食欲をわかせて、たくさん食べたい気持ちにさせる力があるので、暑い季節や、体をたくさん動かすときにぴったりです。
今日はトマトソースとオレンジゼリーが、そんな「酸味」のある食べものです。苦手な人も、ぜひひとくち、挑戦してみてください。

9月17日(水)

牛乳
ごはん
麻婆大根
春雨スープ

運動会に向けて、これまで、筋肉のことをお伝えしましたが、それでは、筋肉になるたんぱく質だけを食べていればいいのでしょうか?
違いますよね。食事はバランスが何よりも大切です。今日の給食なら、体を動かすエネルギーになるごはんと、筋肉をつくる豚肉入の麻婆大根、そしてこの2つがしっかりと体の中に入るよう、手助けする野菜がたっぷり入った春雨スープ、この3つすべてを食べる必要があるのです。給食は毎日、バランスよく食事ができるように、考えられています。
残さず食べて、丈夫な体を目指しましょう。

9月16日(火)

牛乳
ごはん
味海苔
鰺の野菜あんかけ
味噌汁
ぶどう(ピオーネ)

みなさん、どうすれば筋肉が強く、多くなるか知っていますか?
運動をすれば筋肉が鍛えられると思いがちですが、実際には運動をするほど筋肉が傷ついていきます。筋肉が丈夫になるのは、運動の後、たんぱく質を食べ、ゆっくりと眠っているときです。スポーツ選手は、激しい運動をした後に、なるべく早くたんぱく質を食べるようにしているそうです。
今日の給食で、たんぱく質が多く含まれているのは、野菜あんかけの魚、鰺と、味噌汁に入っている豆腐です。残さず食べて、夜はたっぷりと寝て、強い筋肉を育てましょう。

9月12日(金)

牛乳
きつねうどん
ふわっかり揚げ

暑いところで運動したり、激しく体を動かしたりするときは、きちんと水を飲まないと、熱中症や脱水症状になってしまいます。サッカーの選手も、甲子園の野球の選手も、試合中に何度も水分をとっていますよね。スポーツドリンクでなくても、水や麦茶をこまめに飲むといいでしょう。
また、今日の給食の梨のように、水分を多く含む食べものからも、補給できます。梨には体の熱を取ってくれる力があり、中国では薬としても食べられてきたそうです。

9月11日(木)

牛乳
スタミナ丼
ワンタンスープ

運動をした後、疲れて力を発揮できないときに「スタミナがなくなった」と言いますね。
スタミナとは、英語で「元気」という意味です。人間は食べものから、体を動かすためのエネルギーを補給しますが、これをうまく体の中で使うためには、ビタミンB1という栄養素も必要です。
今日のスタミナ丼には、そんなビタミンB1をたくさん含む豚肉が使われています。残さず食べて、スタミナをしっかりと蓄えてください。

9月10日(水)

牛乳
コーンピラフ
かぼちゃのポタージュ
白身魚のハーブソテー
ミニトマト

どの学年も、運動会の練習が始まっています。
スポーツに適した体には、筋肉をつくる「たんぱく質」と、骨を丈夫にする「カルシウム」、2つの栄養素が必要です。牛乳には、この2つとも含まれています。体育の時間の後に飲む牛乳は、冷たくておいしいですよ。
牛乳が飲めない場合は、豆乳や豆腐、丸ごと食べられる小魚でもOKです。たんぱく質とカルシウムを食べるようにしましょう。

9月9日(火)

牛乳
ごはん
鶏のから揚げ
五目豆
味噌汁

9月の給食目標は、「しっかり手を洗おう」です。
みなさんは給食の準備をする前に手を洗っていますか? 水で指先をちょっと濡らすだけではありませんか?
手には目に見えない汚れや菌がついていて、病気の原因になりやすいです。清潔な手で食事をするように心がけましょう。

9月8日(月)

栗ごはん
お月見団子汁
さんまの蒲焼き
巨峰(和光市産)

今日は、中秋の名月、十五夜です。
昔は、月の満ち欠けをカレンダーとして、農作業をおこなっていました。種まきは満月の日、田植えは新月の日、と決めていたそうです。そして、多くの食べものが収穫できる秋の満月は、豊作に感謝する大切な日でした。
十五夜には、月のように丸いものを食べます。そこで今日の給食は、栗、お団子、ぶどうを使った、お月見献立です。秋の味覚がいっぱいです。

9月5日(金)

牛乳
ツイストパン
夏野菜のチーズ焼き
キャベツスープ
冷凍みかん

みなさんは、「夏野菜」ときいて、どんな野菜を思い浮かべますか?
夏野菜というのは、その名のとおり、夏に収穫される野菜のことです。今日のチーズ焼きには、かぼちゃ、じゃがいも、トマト、ピーマンの、4種類の夏野菜が入っていますが、他にも、きゅうりや、なす、とうもろこしなどもありますね。
季節の野菜を、おいしくいただきましょう。

9月4日(木)

牛乳
ごはん
おかかふりかけ
冬瓜のすまし汁
豚肉の胡麻味噌がけ

今日のすまし汁には、珍しい野菜が入っています。冬瓜です。
1つが3kg以上ある、大きな野菜です。夏が旬の冬瓜は、くせがなく、やわらかくて、おいしいですよ。季節の味を、ぜひ楽しんでください。

9月3日(水)

牛乳
カレーライス
海藻サラダ

2学期から、献立を写真でもお伝えします。

疲れやすかったり、食欲がなくなったりするときにぴったりの、カレーライスです。
カレーライスには、クミン、ターメリック、クローブなど、たくさんの香辛料が使われています。いいにおいのものや辛いものは、体に良い刺激となります。しっかり食べて、5、6時間目も元気に勉強しましょう。

 

更新日:2014年10月08日 09:21:08