平成26年10月の給食

10月31日(金)

 

 

牛乳

ごはん

里芋の味噌汁

鰺のカレー揚げ

切干大根の煮物

 

給食の味噌汁に使われている味噌は、わたしたちが暮らしている埼玉県秩父地方でつくられています。
米味噌という種類で、大豆と米を混ぜて発酵させたものです。この他にも、九州でよく食べる、麦を使った麦味噌や、大豆だけでつくる豆味噌など、いろいろな種類があります。
みなさんの家で使っている味噌は、どんな色や味ですか? 給食の味噌と違うかどうか、比べながら、味わってみてください。

10月30日(木)

 

 

牛乳

ピラフ

バーベキューチキン

じゃがもちスープ

 

じゃがいもは南米のアンデス生まれの野菜です。はじめは花を楽しむために育てられていましたが、やせた土地でも育つので、次第に食べるようになりました。
今日は、そんなじゃがいもを使った「じゃがもちスープ」です。

10月29日(水)

 

 

牛乳

バターロール

鮭とブロッコリーのグラタン

野菜スープ

みかん

 

「鮭とブロッコリーのグラタン」は去年も人気だった一品です。今日のブロッコリーは和光市でとれました。
ブロッコリーといえば、先っぽのプチプチとした感じが特徴ですが、これはいったい何でしょう? 次の3つから選んでください。
1. 葉 2.実 3.つぼみ

 

答えは3の「つぼみ」です。わたしたちは、花が咲く前の「つぼみ」と、くきの部分を食べています。
ブロッコリーはクリームソースやチーズとよく合う野菜です。旬のおいしさを楽しみましょう。

10月28日(火)

 

 

牛乳

おろし豚丼

なめこの味噌汁

 

今日はおろし豚丼ですが、さて、「おろし」とは、いったい何か知っていますか?
「おろし」というのは、すりおろした大根のことです。大根は昔から食べられている野菜で、古代エジプトではピラミットを作る人たちが、にんにくや玉ねぎといっしょに大根を食べていました。「これを食べれば疲れることなく働ける」と信じられていたからです。
大根を使ったおろし丼とごはんを、いっしょにいただきましょう。

10月27日(月)

 

 

牛乳

ごはん

春雨スープ

鶏のから揚げ

チンジャオロース

 

今月の給食目標は「食べ物の栄養について知ろう」です。
毎月配られる献立表には、その日に使われている食品が3つの役割に分けて書いてあります。これを偏らないように食べることで、毎日健康にすごすことができるのです。

給食にはこの3つの食品が必ず入っています。給食を食べ終わったら、ぜひもう一度、献立表を見直してみてください。

10月24日(金)

 

 

牛乳

ピリ辛うどん

焼き芋

小魚の揚げ煮

 

うどんは、するすると食べやすく、手早く食べられて消化もよいのですが、よくかまずに食べてしまいがちです。そこで今日のおかずは、よくかんで食べる「大豆の揚げ煮」です。
乾燥した大豆を水に浸してもどしたあと、片栗粉をつけてカリッと揚げてあります。小魚は、イワシの子供の煮干しです。骨ごと食べられるのでカルシウムをたっぷりととることができます。
小さい豆と魚を箸で食べることは、お箸の修行にもなります。上手につまんで、食べてください。

10月23日(木)

 

 

牛乳

ごはん

鮭のマヨネーズ焼き

炒り鶏

お麩の味噌汁

 

魚は身の色で「白身魚」と「赤身魚」に分けることができます。それでは今日の鮭は、白身でしょうか、それとも赤身でしょうか?

鮭は、きれいなオレンジ色をしていますが、実は、白身魚です。魚が赤いのは血液の色なのですが、鮭の場合は、餌として食べているオキアミの色が体にたまって、オレンジ色になっています。
そのため、赤身魚には分類されません。

10月22日(水)

 

 

牛乳

加薬ごはん

アジフライ

ボイルキャベツ

すまし汁

 

今日のおかずはアジフライですが、さて、ここで○×クイズです。
「アジ」という魚は、おいしい味だから「あじ」という名前になった。○か×か?

答えは○です。どうやって料理をしても味が良いので、「あじ」という名前になりました。
私たちの体には、肉やごはんばかりでなく魚や野菜が必要です。好きだからと食べすぎたり、きらいだからと食べなかったりするのではなく、なんでもバランスよく食べるように心がけましょう。

10月21日(火)

 

 

牛乳

ツイストパン

ポークビーンズ

コーンソテー

ヨーグルト

 

キャベツには、胃が痛くなったり、腫れたりする病気に効くビタミンが含まれていますが、さて、このビタミンは次のうちどれでしょう?
1. ビタミンC
2. ビタミンU
3. ビタミンZ

 

このビタミンはキャベツから発見されたので、「キャベジン」とも呼ばれます。ということで、答えはビタミンUです。
そんなキャベツが、今日はコーンソテーに入っています。

10月20日(月)

 

 

牛乳

ごはん

鯖の文化干し

肉じゃが

塩昆布和え

 

鯖は秋になると、皮と身の間に油がのって、おいしくなります。
よく「皮が青く光る魚は、栄養が多い魚だ」と言われます。鯖もそうです。鯖の油には、脳へ栄養を送るのを助けたり、血液をきれいにしたりする栄養が含まれています。おいしくて、栄養たっぷり、いいことづくめのおかずです。

10月17日(金)

 

 

牛乳

ごはん

団子汁

豚肉の味噌だれがけ

野菜炒め

 

今日は一汁二菜の和食献立です。

一汁二菜というのは、ごはんに、汁物が1つ、それから肉や魚、大豆や卵を使ったおかず「主菜」と、野菜を使ったおかずの「副菜」が1つずつそろっている献立のことです。これは、とてもバランスのとれた食事の形です。残さず食べると、いつも元気な体になりますよ。
 

10月16日(木)

 

 

牛乳

さつまいもごはん

かぶの味噌汁

秋刀魚の香り揚げ

煮びたし

 

秋になると、あまりのおいしさに「栗(九里)よりうまい十三里」とよばれるのが、さつまいもです。

さつまいもで有名な埼玉県川越市が、江戸から十三里離れていたことから、さつまいものことを十三里というようになったそうです。
季節のおいしさを、楽しみましょう。
 

10月15日(水)

 

 

牛乳

子供パン

チキンカツ

ミネストローネ

 

今日の柿は和歌山県で育った、平種なし柿という種類です。

今から1300年前の奈良時代から栽培されてきた、日本人が昔から食べている果物です。やわらかい甘さが特徴の季節の味を、楽しみましょう。
 

10月14日(火)

 

 

牛乳

ポークカレー

ひじきサラダ


給食のカレーは小麦粉でバターを炒めて、ルウをつくるところから始まります。
カレーは香りと辛さが命です。ローリエ、ガラムマサラ、クミン、ターメリックなど、様々な種類を組み合わせているため、料理を始める前から、給食室はカレーのいい香りがただよっています。

 

10月10日(金)

 

 

牛乳

わかめごはん

豚汁

いかのガーリック揚げ

ぶどう(ピオーネ)

 

今日のおかずは、いかのガーリック揚げですから、イカについて、クイズを出します。
いかは、敵に襲われそうになったときに墨をはいて逃げますが、何のために墨をはくのでしょうか?

1  自分のからだを黒く染めて隠れるため。
2  敵の目つぶしをするため。
3  自分の分身をつくって敵を混乱させるため。
 


いかのはく墨は水中で、いかと同じような形に広がります。ということで正解は3でした。

10月9日(木)

 

 

牛乳
ごはん
春雨スープ
照り焼きハンバーグ
キャベツソテー

 

ソテーにどっさり入っているキャベツは、古代ギリシャやローマでも食べていた、世界でいちばん古い野菜の1つです。キャベツの葉3枚で、1日に必要な分のビタミンCをとることができるそうです。
ビタミンCは、病気に負けない体をつくるのを助けるビタミンです。それから、カルシウムと協力して、丈夫な骨をつくるのも助けてくれます。
なんでもバランスよく食べることが大切、ということです。残さず、いただきましょう。
 

10月8日(水)

 


牛乳
ちらし寿司
かき玉汁
鶏肉の磯辺揚げ
ミニトマト

 
卵には質の良いたんぱく質とビタミンが含まれていて、「完全食品」とも呼ばれます。人気のかき玉汁を、ツルリと味わってください。

10月7日(火)

 

牛乳
ごはん
麻婆豆腐
ワンタンスープ

 

今日の麻婆豆腐には、茄子も入っています。
秋においしい茄子を、苦手な人もひとくちは食べてみてくださいね。

10月3日(金)

 

 

牛乳
コッペパン
フランクフルト
粉吹きいも
野菜たっぷりポタージュ

 

給食では牛乳が毎日出ますが、さて、日本人が牛乳を飲むようになったのは、いつからでしょう? 次の3つから選んでください。

1. 300年前の江戸時代から
2. 1000年前の平安時代から
3. 1400年前の飛鳥時代から

正解は3の「1400年前の飛鳥時代から」です。
その昔、牛乳は薬として大切に使われていました。今でもカルシウムたっぷり、栄養満点ですよね。
今日は、ポタージュにも牛乳が入っています。

10月2日(木)

 

牛乳
茶飯
鰆の竜田揚げ
青菜の胡麻和え
すまし汁

 

今日の給食は、人気の茶飯ですが、さて、どうやってつくるのでしょうか?
次の3つから選んでください。
1.埼玉県でとれる狭山茶で、ごはんを炊く。
2.醤油とだしで炊いて、茶色い色をつける。
3.米を焦がして、茶色い色をつけてから炊く。

正解は2です。
茶飯の色は、しょうゆの色なのですね。
今日も、たくさん食べで元気な体をつくりましょう。

10月1日(水)

 

牛乳
ビビンバ
トックスープ

 

日本では「一汁二菜」や「一汁三菜」という、主食とおかずの組み合せで栄養のバランスをとっていますが、韓国には陰陽五行という考えかたがあります。食材の味や色、料理の仕方を5つに分けて、これを組み合わせることで栄養のバランスを工夫するのです。
どこの国でも、昔から伝わる教えには私たちが元気にすごすための知恵がつまっています。ぜひ今日も、残さず食べてください。

 

更新日:2014年11月04日 13:05:34