平成28年2月の給食

2月29日(月)

 

 

牛乳

ごはん

ダッカルビ

にら玉スープ

 

今日のおかずはダッカルビですが、さて、どこの国の料理かというと……そう、韓国です。
ダッカルビというのは、鶏の骨つき肉、という意味です。本場・韓国では、大きな鉄板で鶏肉とキャベツ、さつまいもなどの野菜を甘辛い「コチュジャン」という味噌と一緒に炒めてつくります。
日本の鍋料理のように大勢で鉄板を囲み、食べるのだそうです。
韓国料理は唐辛子を使った、少し辛めの味つけが特徴です。寒い季節には体があたたまります。今日はごはんと一緒に、食べてみてください。

2月26日(金)

 

 

牛乳

ツイストパン

鮭とブロッコリーのグラタン

ポトフ

 

突然ですが○×クイズです。
今日のおかず「ポトフ」とは、「ポテトが入ったスープ」という意味である。○か×か?
知っている人も多いかもしれません。答えは×です。
本当は「火にかけた鍋」という意味です。
ポトフは、大きく切った具材を煮込んだフランスの家庭料理です。寒い季節にぴったりの料理です。味わって食べて、体の芯からあたたまりましょう。

2月25日(木)

 

 

牛乳

ごはん

けんちん汁

味噌カツ

キャベツソテー

 

一生のうちでいちばん体が成長するのは、7歳から17歳までの10年間です。ちょうど、みなさんの歳のころですね。
この時期に、毎日の生活リズムや食事のとりかたが乱れているために、生活習慣病になる人も増えています。
今日のメニューの、エネルギーになるごはん、体の部品をつくる豚肉、そしてこの2つを助けるけんちん汁や野菜炒め、というように、毎日の給食は体の成長の材料となります。
バランスよく食べ、よく遊び、夜に眠り、朝、起きる、という生活を続けて、丈夫な体をつくりましょう。

2月24日(水)

 

 

牛乳

わかめごはん

肉団子スープ

さわらのねぎだれがけ

 

みなさんは魚をじょうずに食べられますか?
給食に出てくる魚は、今日のさわらもそうですが、あらかじめ、できるだけ骨を取ってありますが、では、おうちで食べるときはどうでしょう?
さんまやさばの骨を、じょうずに箸で取り除けるでしょうか?
箸の使いかたがうまい人は、いっしょに食事をしていて気持ちがいいものです。
「魚を食べるのはめんどくさい」などと言わずに、箸づかいの修行を続けてください。何度も練習することが上達の秘訣です。

2月23日(火)

 

 

牛乳

トマトソーススパゲティ

いかのガーリックソテー

デコポン

 

今日のくだものは和歌山県から届いたデコポンです。
伊予柑、ポンカン、八朔、デコポンなど、みかんの仲間のことを柑橘類といいます。

柑橘類は2月から春にかけてが旬の時期です。さわやかなすっぱさと、みずみずしい果汁が特徴です。食事のデザートにもぴったり。季節の味を楽しんでください。

2月22日(月)

 

 

牛乳

ごはん

海苔ふりかけ

なめこの味噌汁

鶏の野菜あんかけ

 

今日の味噌汁には、なめこが入っています。なめこは外側がぬるぬるとした膜に覆われているきのこです。このぬるぬるはムチンという成分です。
ムチンは山芋やオクラにも含まれています。山芋やオクラも、ぬるぬる、ねばねばしていますよね。あれがムチンです。胃の粘膜を守り、消化を助ける、ともいわれています。
つるりとした食感がおいしい、なめこの味噌汁。どうぞ味わってください。

2月19日(金)

 

 

牛乳

ごはん

和光畑の味噌汁

きびなごのから揚げ

人参しりしり

 

今日の魚は、きびなごです。きびなごは、あたたかい海に住む魚です。今日も九州の鹿児島県から届きました。鹿児島だけでなく長崎や高知県でも、きびなご漁がさかんです。
今日はから揚げになっているのでわかりませんが、銀色に輝く、美しいボディが特徴です。小さな体に旨味が詰まっています。頭からしっぽまで食べられるので、よく噛んで、味わってください。

2月18日(木)

 

 

☆仲良し班ランチ~お別れランチ~の日☆

牛乳

子供パン

クリスピーチキン

パスタスープ

いちご

 

今日の給食は、いつもと違う教室で、仲良し班の仲間と食べました。

今日の6年生はお客様。1年間の思い出を話しながら、楽しく会食をしました。

 

2月17日(水)

 

 

牛乳

カレーライス

ボイルサラダ

 

みなさんのおうちのカレーと給食のカレー、食べ比べてみると、どんな違いがありますか?
学校のカレーは小麦粉とバターを1時間以上炒めて、ルウを作るところから始まります。ルウは、とろみをつけたり、こくを出したりするために使います。
他にもいくつか隠し味があります。にんにく、しょうが、りんごジュース、はちみつ、チーズなどが少しずつ入っています。味わって食べれば、わかると思います。
おうちのカレーにも隠し味があるかもしれません。家に帰ったら、ぜひきいてみてください。

2月16日(火)

 

 

牛乳

ごはん

呉汁

豚の生姜焼き

金平

 

今日は和光市育ちの野菜がたっぷり入った呉汁ですが、さて、呉汁の「呉」とはいったい何だか、知っていますか?
大豆を細かくすりつぶしたものを「呉」と言います。大豆は肉や魚と同じく、筋肉や内臓など、体をつくる食べものです。そのため「畑の肉」とも呼ばれます。
いつもと少し違うお味噌汁。残さず食べて丈夫な体をつくりましょう。

2月15日(月)

 

 

牛乳

中華おこわ

わかめスープ

鶏の竜田揚げ

ミニトマト

 

給食ではほとんど毎日、汁物があります。これは緑のグループの食品、つまり野菜をたくさん食べてほしいからだそうです。
今日の給食を見てみると、黄色、赤、緑のバランスがよくわかります。ごはんは黄色グループ、エネルギーになるもの。鶏肉のおかずが赤グループ、体をつくるもの。そしてわかめスープとミニトマトが緑グループ、体の調子を整えるもの。そう考えると、わかりやすいですね。
バランスのよい食事は毎日を健康に過ごすための鍵となります。覚えておいてください。

2月12日(金)

 

 

牛乳

ココア揚げパン

ビーンズスープ

ジャーマンポテト

 

食事には2つの栄養が入っています。様々な食材をバランスよく食べて健康になる、体の栄養と、楽しくおいしく食べて、幸せな気持ちになる、心の栄養の2つです。
おいしいものや好きなものを食べると幸せな気持ちになりますよね。それから、好きな人や家族、友達と一緒に食事をするのも楽しいですね。体の栄養だけでなく心の栄養も人には必要です。
今のクラスで食べる給食は、あと25回。毎日の給食を、どうぞ楽しんでください。

2月10日(水)

 

 

牛乳

ごはん(魚沼コシヒカリ)

のっぺい汁

ぶりの照り焼き

白菜の煮びたし

 

毎月10日は十日町の日、今日は月に一度の特別なごはんの日です。
新潟県十日町市から届いた魚沼コシヒカリのごはんは、噛むほどに甘くなります。どうぞ試してみてください。
新潟県から届いたお米には、新潟県の料理を。のっぺい汁は、新潟県の郷土料理です。里芋、鶏肉、かまぼこなど、何種類もの具を入れて煮物のようにつくるそうです。
今日は和光市育ちの野菜がたくさん入っています。地元の農家の方に感謝して、残さず、いただきましょう。

2月9日(火)

 

 

牛乳

ピリ辛うどん

磯辺餅

いかのかりん揚げ

 

日本のお米は大きく分けて2種類あります。もち米と、うるち米です。
ではここで、グルメクイズです。わたしたちがいつも食べているごはんは、もち米である。○か×か?


みなさん、わかりましたか?
正解は、×です。
 

わたしたちがいつも、ごはんとして食べているお米は、うるち米という種類です。
もち米は、うるち米よりももちもちとしていて粘り気があります。これは、お赤飯やお餅をつくるときに使います。今日の磯辺餅も、もち米でできています。
のどに詰まらせないように、少しずつよく噛んで食べてくださいね。

2月8日(月)

 

 

牛乳

豚丼

麩の味噌汁

 

給食では和食の日でも牛乳を飲みます。なぜでしょう?
 

牛乳に、骨や歯をつくるカルシウムがたくさん含まれているのは、みなさんご存知ですよね。給食の牛乳を飲むだけで、1日に必要なカルシウムの約3分の1を摂取することができます。
牛乳が苦手な人や飲めない人も、もちろんいます。そういう場合は、チーズや豆乳、小魚、ほうれん草や小松菜など、他の食べもので補うようにしましょう。
成長期に欠かせない栄養素であるカルシウム。毎日食べられるといいですね。

2月5日(金)

 

 

牛乳

ごはん

春雨スープ

麻婆大根

 

昨日は大根おろしをたっぷり使った、みぞれ汁でした。和光市では今、大根が旬の時期を迎えていますので、今日も給食に使われています。おかずの麻婆大根が、そうです。


「旬」というのは、その食べものが、もっともおいしく、もっとも新鮮で、たくさんとれる時期のことです。たくさんとれるということは、安く買える、ということでもあります。また、野菜や果物の場合は、もっとも栄養が多く含まれるのも「旬」のころです。
旬のおいしさを今日も味わってください。

2月4日(木)

 

 

牛乳

ゆかりごはん

みぞれ汁

鯖の柚子味噌がけ

 

今日の汁物は、みぞれ汁ですが、「みぞれ」というのはいったい何でしょう?
 

みぞれとは雨と雪がまじったものです。雪よりも重く、じゅわり、としています。見た目が大根おろしとよく似ているため、大根おろしを入れた汁物は「みぞれ汁」という名前になりました。冬をイメージした美しい名前ですね。
今日は和光市でとれた新鮮な大根をたっぷり使った、みぞれ汁です。残さず食べて体をあたためましょう。

2月3日(水)

 

 

牛乳

菜飯

はんぺんのおすまし

いわしと大豆のかりかり揚げ

 

今日は何の日でしょう、といったら、みなさんもうおわかりですよね。今日は節分です。
冬から春へ変わる今日、次の季節も病気にかからず安全にすごせますように、という願いをこめて豆まきをします。恵方巻を食べる地方もあります。なんと山口県防府市では「牛飼い神事」という節分の行事があり、宝くじに当たると、おめでたい牛が1頭もらえるのだそうです。
給食では、鬼が嫌いな大豆といわしを使ったおかずを食べて、春を迎えます。縁起物ですから、苦手な人もひとくちは挑戦してみてください。

2月2日(火)

 

 

牛乳

バターロール

コーンポタージュ

バーベキューチキン

ブロッコリーサラダ

 

いきなりですが、グルメクイズです。今日のバーベキューチキンのソースには、とある果物が使われています。さて、それは何(なん)でしょう?


食べてわかったら、大したものです。答えは、りんごです。
りんごは、生のまま食べるのはもちろん、アップルパイやジャムなど調理してデザートにすることもありますし、甘みと酸味を生かして、おかずの隠し味にすることもあります。火を通すことで、甘酸っぱい香りも引き立ちます。

 

給食を食べるときにはぜひ、目で、鼻で、舌で、味わってみてください。

2月1日(月)

 

 

牛乳

ごはん

沢煮椀

アジフライ

ひじきの炒り煮

 

今日から2月。さて、みなさんは今月の給食目標を知っていますか?
2月の給食目標は「食後のすごしかたを工夫しよう」です。
「食休み」という言葉をきいたことがあるでしょうか? 食事の後、少しの間、静かに休むことを「食休み」と言います。
食べた後は体の血液が胃に集まってきて、食べものの消化や吸収を助けます。このときに体を激しく動かすと、おなかが痛くなることがあります。
給食から掃除までには短い時間しかありませんが、少しでもゆったりとすごすように心がけましょう。

 

更新日:2016年03月02日 08:18:12