平成27年9月の給食

9月30日(水)

 

 

牛乳

ごはん

チンゲン菜のスープ

鶏肉のピリ焼き

青椒肉絲

 

9月最後の給食ですので、今月の給食目標をもう一度復習しておきましょう。
9月の給食目標は「しっかり手を洗おう」でした。毎日、給食準備の前に石けんで手を洗いましたか?
わたしたちの手はいろいろな所にさわっているので、知らないうちに汚れやバイキンがついています。目に見えない汚れをそのままにして食事をすると、おなかが痛くなってしまうこともあります。
特に給食当番の人はクラスの代表で給食を配っています。他の人よりも念入りに時間をかけて手を洗い、きれいな帽子と白衣を着て配膳しましょう。

9月29日(火)

 

 

牛乳

ごはん

けんちん汁

鰹の味噌がらめ

青菜の胡麻和え

 

今日も給食クイズから始まります。
今日のおかずの魚・鰹には、1年に2回おいしい旬の季節があるのですが、さて、それはいつといつでしょう?

 

みなさん、わかりましたか?
1回目は「初鰹」と呼ばれる春のころ。
2回目は「戻り鰹」と呼ばれる秋の今ごろです。
鰹は、茗荷や紫蘇など、いい香りの野菜と一緒に料理すると、さらにおいしくなります。今日は生姜で香りをつけた、味噌がらめです。
季節の味をどうぞ楽しんでください。

9月25日(金)

 

 

牛乳

栗ごはん

お月見団子汁

さんまの蒲焼き

十五夜デザート(オレンジゼリー)

 

あさって、9月27日は十五夜です。
十五夜は「仲秋」や「中秋の名月」ともいいます。少し涼しくなってきた夜に、美しい満月を見て楽しむ日です。実りの秋、収穫の秋を感謝する日でもあります。
十五夜には、里いもや団子、ぶどう、栗など、お月様に似た丸いものをそなえたり、食べたりします。
今日の給食にも、そういう食べものがたくさん入っていますから、食べながら探してみてください。

9月24日(木)

 

 

牛乳

黒パン

クラムチャウダー

鶏肉のハーブ焼き

ボイルサラダ

 

今日はあさりのスープ・クラムチャウダーですが、さて、クラムチャウダーはもともと、どこの国の料理でしょう?

 

そう、アメリカです。
アメリカでは、野球場などでもクラムチャウダーを売っていて、野球を見ながら食べるのだそうです。
あさりには血液をつくるのに必要な鉄分とビタミンがたくさん含まれています。成長にかかせない栄養ですから、鉄分が多いですよ、と紹介する食材は積極的に食べるようにするといいですね。

9月18日(金)

 

 

牛乳

ごはん

すまし汁

太刀魚のねぎだれがけ

ひじきの炒り煮

 

運動会の練習が続いていますね。ということで昨日に引き続き、今日の給食の放送も、白組の応援団長をお招きしたスペシャルバージョンでした。

 

……………

 

白組のみなさん、こんにちは!
おとといの全体練習では、白組のみなさんの応援の声がとても響いていて、僕は白組の勝利を確信しました。
この調子で運動会をむかえ、ベストを尽くすには、きびきびと練習し、給食をよく食べ、さらに、夜よく眠るというのが何よりも大切です。
筋肉を強くしたり、体の疲れを取ったりする「成長ホルモン」が増えるのは、夜10時から2時くらいまでの間。1日に9時間くらい眠る、しかも夜更かしせずに早く寝ることで、成長ホルモンが脳の中でたくさんつくられ、疲れた体を回復させてくれるのです。
運動会までの1週間、早寝早起きで力をたくわえ当日の朝をむかえましょう。
勝利を手にするのは、白組です!

9月17日(木)

 

 

牛乳

ちゃんぽんうどん

豚肉のさいころ揚げ

梨(豊水)

 

来週の土曜日は、いよいよ運動会。
ということで今日は、給食の放送にスペシャルゲスト・紅組応援団長をお呼びしました。

 

…………

 

赤組のみなさん、こんにちは!
運動会の練習は順調ですか?
本番にそなえて毎日、走ったり踊ったり、筋肉を使いまくっていますよね。
そんな赤組のみなさんに大切な栄養が、赤のグループの食べもの・たんぱく質です。
たんぱく質は、肉や魚、牛乳や卵に入っています。今日の給食だと、うどんに入っているあさりやえび、さいころ揚げの豚肉、そして牛乳が、そうです。
たんぱく質は、運動した後に食べるのが効果的! 筋肉を強くしてくれます。
しっかり食べて、ベストコンディションで運動会をむかえましょう。
赤組の勝利は、みなさんの筋肉に、かかっています!

9月16日(水)

 

 

牛乳

ごはん

春雨スープ

麻婆大根

 

料理には、やわらかくするために煮たり食べやすい大きさに切ったりと、様々な働きや方法があります。
うまみをしみこませたり何種類かの材料の味をよくからませたりするのも、そうです。例えば麻婆大根の大根は、大根だけで食べてもおいしいですが、今日のように豚肉と一緒に、炒め煮にすることで、肉のうまみがしみこみ、もっとおいしくなります。
また春雨は、だしや他の野菜の味がからみやすい食材ですから、スープに適しています。
1種類だけでなく、いろいろな材料の味を引き立てるのも、おいしい料理のポイントですね。食べるときにも、このポイントを感じてください。

9月15日(火)

 

 

牛乳

キムチチャーハン

にら玉スープ

鶏のから揚げ

巨峰

 

今日は、ピリッと辛みが効いてスタミナがつくキムチチャーハンです。
「キムチ」は日本の隣の国、韓国の漬け物ですが、さて何の野菜の漬け物でしょう?

 

答えは、そう、白菜です。
韓国の家にはキムチ専用の冷蔵庫が必ずある、といわれるほどよく食べられています。
赤い色や辛い味のものを食べると、体に元気がみなぎってきます。キムチチャーハンでスタミナをつけ、残暑を吹き飛ばしましょう。

9月14日(月)

 

 

牛乳

ごはん

おかかふりかけ

肉じゃが

味噌汁

 

肉じゃがといえば、じゃがいも。じゃがいもは今から500年ほど前、冒険の旅に出たスペイン人が南アメリカから持ち帰り、世界に広まりました。
じゃがいもには、運動するための力や体温のもとになる、でんぷんが多く含まれています。その他にも、ビタミンC、食物繊維、カリウムなど、わたしたちの体を健康に保つための良い栄養素があります。
特にじゃがいものビタミンCは料理をしても壊れにくいため、含まれているビタミンCをたくさん体内に取り込むことができます。
やさしい味なので、どんな料理にも合う優れた食品です。味わいながらいただきましょう。

9月11日(金)

 

 

牛乳

ごはん

味噌汁

豚肉の生姜焼き

大根と薩摩揚げの煮物

 

体をつくる食べものと、調子を整える食べものは、毎日どのくらいの量を食べれば良いのでしょうか? 今日の給食で考えてみましょう。
「体をつくる食べもの」である豚肉の生姜焼きを食べたら、「調子を整える食べもの」である野菜はその2倍くらい食べると、バランスが良く、それぞれの栄養素がうまく体に取り込まれます。
例えば今日の給食を減らさずに食べると、味噌汁と煮物の野菜が、豚肉の生姜焼きのちょうど2倍くらいです。
わたしたちの体は、口から食べたものでしかつくられません。食べものの働きを知り、苦手なものにも挑戦しましょう。

9月10日(木)

 

 

牛乳

加薬ごはん

根菜汁

ししゃもの竜田揚げ

 

「かやくごはん」ときくと、まるで花火のようにパチパチとしそうな気がしますよね。けれど「かやくごはん」は、花火やダイナマイトの火薬とはもちろん関係がありません。
「かやくごはん」を漢字では「薬を加える」と書きます。蕎麦やうどん、混ぜごはんに入れる、小さめの肉や野菜、きのこなどの具のことを加薬というのです。
今日はこんにゃくや竹輪など、歯ごたえの異なる加薬が5種類入っています。何が入っているか味わいながら、食べてみてください。

9月9日(水)

 

 

牛乳

子供パン

ポテトスープ

チキンカツ

キャベツソテー

 

蒸し暑い中、汗をかきながら体育の時間によく体を動かしていることと思います。
そんなときに飲む牛乳は冷たくておいしいですね。
運動をすると筋肉は傷つき、少しずつ減っていきます。そのときに必要なのが、牛乳や肉、魚や豆腐に含まれている、たんぱく質です。
激しい運動をした後はなるべく早くたんぱく質を食べ、夜はよく眠ることで、一度減った筋肉が増え、さらに強くなります。給食の牛乳はカルシウムのためだけでなく、手軽にたんぱく質が摂れる食品でもあります。
運動・食事・睡眠の3つで、丈夫な体をつくりましょう。

9月8日(火)

 

 

牛乳

ごはん

はんぺんのおすまし

鯖の文化干し

金平ごぼう

 

今日のおかずは鯖の塩焼きですが、さてここで給食クイズです。
鯖がいちばんおいしくなる季節は、いったいいつでしょう?

みなさん、わかりましたか? 答えは秋です。
鯖は秋になると、皮と身の間に油がのって、おいしくなります。
よく「皮が青く光る魚は、栄養が多い」と言われます。鯖も、そうです。
油に含まれている成分が、脳へ栄養を送るのを助けたり血液をきれいにしたりするのだそうです。
おいしくて栄養たっぷり、いいことづくめのおかずです。

9月7日(月)

 

 

牛乳

カレーライス

枝豆サラダ

 

カレーライスには、ごはんやじゃがいもなどの黄色の食品も、鶏肉などの赤の食品も、人参や玉ねぎなどの緑の食品も入っているのに、野菜がたっぷりのサラダまでついているのは、どうしてだろう? と思ったことはありませんか?
わたしたちは1日に300gから350gくらいの野菜を食べたほうが良いといわれています。これを3回の食事で割ると、だいたい100g。カレーライスだけでは、少し足りません。そのため給食ではサラダもプラスして、必要な量の野菜を食べられるようにしてあるのです。
残さず食べて元気な体の素にしてくれたら、と願っています。

9月4日(金)

 

 

牛乳

わかめごはん

そうめん汁

あじの南蛮漬け

 

暑かったり湿気があったりすると、なんとなくぐったりとして疲れやすく、食欲も落ちがちではありませんか?
そんな気分を吹き飛ばすために、古くから様々な方法が考えられてきました。食事の工夫も、その1つです。
例えば今日のおかずのように、お酢のすっぱさを生かした料理は、はっきりと爽やかな味つけで、食欲をわかせてくれます。口の中の刺激が体にも伝わる、というわけです。
昔ながらの夏バテ防止法を、今日はぜひ口で感じてみてください。

9月3日(木)

 

 

牛乳

ツイストパン

ミネストローネ

マカロニグラタン

 

今日はトマトの入ったスープです。
トマトは生で食べることが多いと思いますが、加熱するとすっぱさが弱くなり、甘みが濃くなります。
トマトの原産地はペルーで、江戸時代に日本へ伝わりましたが、最初は目で見て楽しむ観賞用でした。明治時代になり、食べるための品種が北海道で栽培されるようになると「赤なす」とも呼ばれました。
今のように生で食べるようになったのは、品種改良がすすんだ80年ほど前からです。
夏を代表する野菜の名残です。どうぞ味わってください。

9月2日(水)

 

 

牛乳

ごはん

薩摩汁

鮭の香味焼き

磯香和え

 

9月の給食目標は「しっかり手を洗おう」です。
みなさんは給食の準備をする前に、手を洗っていますか?
水飲み場を見ていると、指先を水で濡らすだけのような洗いかたの人も多いです。
手には目に見えない汚れや菌がついていて、病気の原因となることがあります。
調理員さんは給食を食べるわたしたちが食中毒にならないよう、細心の注意を払っていますので、わたしたちも清潔に食事ができるよう、石けんを使って手を洗い、ハンカチでふくことを心がけましょう。

9月1日(火)

 

 

牛乳

中華丼

フルーツ杏仁

 

いよいよ今日から2学期の給食が始まりました。
夏休みには、学校がある日よりも遅く起きて、涼しい家の中ですごす時間が長かった人も多いのではないでしょうか?
そこで今日の給食は、中華丼とフルーツ杏仁です。とろみのある料理や、つるりとした舌ざわりの食べものは、食欲がなくても食べやすいと思います。
しっかり食べて、久しぶりの5時間目、6時間目にそなえましょう。

 

更新日:2015年09月30日 13:27:59