平成27年7月の献立

7月14日(火)

 

 

☆セレクトドリンク

コーヒー牛乳・りんごジュース・アセロラジュース・緑茶

夏野菜カレー

ボイルサラダ

 

1学期最後の給食となりました。セレクトドリンクはじょうずにくばれたでしょうか?
汗をたくさんかくことは、体温を調節して、暑さに負けないようにするために大切です。汗をかいたらその分、水を飲んで体の水分を補給してください。
今日のカレーには、水分がたっぷり含まれている夏野菜、トマトやなすが入っています。飲みものだけでなく、食べものからも水分補給ができます。ビタミンやミネラルも一緒にとれて、栄養補給にぴったりです。

7月13日(月)

 

 

牛乳

ごはん

味噌汁

鮭の竜田揚げ

冬瓜の含め煮

 

今日のおかずに使われているのは大根ではなく、冬瓜です。メロンやきゅうりの仲間の野菜です。
冬瓜は漢字で書くと「冬」の瓜ですが、夏にとれる野菜です。収穫した後も冬まで保存できると言われていることから、冬の瓜と書くようになったそうです。
中国では皮や種を薬として使ってきました。体の余分な熱を取ってくれるということで、暑い時期によく食べる野菜でもあります。季節の味を、どうぞ楽しんでください。

7月10日(金)

 

 

牛乳

ごはん

豚の胡麻だれがけ

ひじきの炒り煮

すまし汁

 

みなさんは「生活習慣病」という言葉をきいたことがありますか?
これは、食べすぎやお酒の飲みすぎ、たばこ、運動不足が原因となる、糖尿病や心臓病、肥満などをまとめた言いかたです。
生活習慣病の1つの原因が、食べすぎと早食いです。これを防ぐには、よくかんで食べることが効果的です。じっくりとかみしめながら食べることで、たくさん食べなくてもおなかが満足し、食べすぎないからです。
今日のおかずはどちらも、かむことで味が出てきて、さらにおいしくなります。「かむ」ということを意識して、食べてみてください。

7月9日(木)

 

 

牛乳

子供パン

コーンポタージュ

ミディトマト

バーベキューチキン

 

大玉トマトでもミニトマトでもない、今日のトマトはミディトマトです。
ミディとは「ミディアム」、つまり「中くらいの」という意味です。他のトマトよりも甘いのが特徴ですが、さて、いかがでしょうか?
トマトの旬は夏。がぶりと噛んで旬の味を楽しんでください。

7月8日(水)

 

 

牛乳

ごはん

味噌汁

さばの南部焼き

野菜炒め

 

今日のおかずは、さばの南部焼きです。
南部とは、岩手県の北から青森県の南にかけての地域のことです。この地方は、ごまの名産地であるため、ごまを使った料理の名前には「南部」とつくようになったのです。
ごまには血液や目の膜をつくるビタミンEがたくさん含まれていますが、じつは種をかんで粉々にしないと、体に吸収されません。小さな粒ですが、今日は意識してかみくだいてみてください。

7月7日(火)

 

 

牛乳

稲荷ちらし

天の川汁

白身魚のさいころ揚げ

 

今日は七夕です。
七夕は中国の「乞巧奠(きこうでん)」という中国の行事が始まりと言われています。お酒や魚、くだものやお菓子をお供えし、布を織ったり、服を縫ったりすることがうまくなるように、と願う行事です。
日本では、江戸時代になると庶民にも広まり、短冊に詩や願いごとを書き、女の子は手芸の上達を、男の子は字の上達を祈りました。
給食では、そうめんを天の川に見たてた「天の川汁」で七夕をお祝いします。夜はきれいな星空が見えるといいですね。

7月6日(月)

 

 

牛乳

ごはん・海苔ふりかけ

ワンタンスープ

油淋鶏

枝豆

 

金曜のとうもろこしに続いて今日も、年に1度の特別な給食、そう、枝豆です。
4年生以上の人たちは知っていると思いますが、枝豆と大豆は同じ豆です。若く緑のうちに食べるのが、今日の枝豆です。
栄養も違います。大豆は肉や魚と同じ、体をつくる食品ですが、今日の枝豆は野菜の仲間、体の調子を整える食品です。
今日は3年生が朝いちばんで、さや取りをしてくれました。

7月3日(金)

 

 

牛乳

五目うどん

いかのかりん揚げ

とうもろこし

 

年に1度のとうもろこしの日です。
和光の農家さんが三小のためにとうもろこしを収穫してきてくれました。
とうもろこしは、取りたてがいちばん甘く、おいしいです。時間がたつにつれて甘みがどんどんなくなってしまうため、昨日の夕方に収穫してくださいました。
今日は、皮のむきかたを教えてもらい、1年生が三小全員の分、213本の皮をむきました。昼休みに1年生に会ったらぜひ「ごちそうさま」を伝えてください。

7月2日(木)

 

 

牛乳

鶏ごぼうごはん

かき玉汁

鰺のさっぱり揚げ

 

お酢は米や果物などを発酵させて作ります。みなさんも知っているとおり、ツンとしたにおいが特徴です。
お酢には料理の油っぽさや生ぐささを消す働きがあります。
お酢のすっぱい味が苦手という人もいるようですが、すっぱい味は口の中を刺激して、疲れているときでも食欲をわかせます。
夏バテしやすい季節においしい「あじのさっぱり揚げ」、どうぞ味わってください。

7月1日(水)

 

 

牛乳

ぶどうパン

トマトとレタスのスープ

かぼちゃのグラタン

 

かぼちゃは1年中お店で売っていますが、本来は夏野菜で、今が旬です。
かぼちゃには、日本かぼちゃ、西洋かぼちゃ、ペポかぼちゃなどの種類があります。どれも中はオレンジ色ですが、外の皮は緑だけでなく、黒や赤のものもあります。
かぼちゃのオレンジ色は、にんじんと同じ、ビタミンAの色です。夏の野菜を味わいながら、ビタミンもたっぷり補給しましょう。

 

更新日:2015年07月14日 12:56:46