平成27年1月の給食

1月30日(金)

 

 

牛乳

ごはん

鯖の文化干し

筑前煮

みぞれ汁

 

全国学校給食週間も最終日となりました。一週間いろいろな給食を食べ、歴史を知ることができました。
現在の給食にはパンもごはんも中華料理もあり、毎日飽きずに食事ができるようにと工夫されていますが、みなさんにおいしいと思ってほしい、というのはやはり「和食」です。
そこで今日は、長生きの秘訣、健康食と言われる和食です。さらに今日の汁物は、大根おろしをみぞれ雪に見立てた「みぞれ汁」です。偶然にも、ちょうど雪の日ですから、窓の外を眺めながら味わってみてください。

1月29日(木)

 

 

牛乳

カレーライス

ボイルサラダ

 

全国学校給食週間も4日目となりました。


戦争が終わってからしばらくは、ごはんよりもパンのほうが安かったため、給食も毎日パンでしたが、今から35年ほど前にようやく、ごはんが主食の献立が給食に戻ってきたのだそうです。
そのころから現在まで、いちばん人気のある給食は……そう、カレーライスです。


毎日の給食には私たちに必要な栄養が計算されて入っています。しっかりと食べて、丈夫な体を目指しましょう。

1月28日(水)

 

 

牛乳

コッペパン

いちごジャム

イカフライ

キャベツソテー

白菜のスープ

 

全国学校給食週間3日目の今日は、今から50年ほど前の献立です。
戦争が終わってからしばらくは、日本には食べものがありませんでした。おなかをすかせた子どもたちを見た、アメリカなどの国が、パンをつくるための小麦粉や、牛乳を粉にした脱脂粉乳などを日本に送ってくれていました。そのため、当時は毎日、パンが主食の給食だったそうです。
 

今日の給食は、今から52年前、12月13日に和光市の学校給食が始まったときにも食べていた、コッペパンといちごジャムです。
昔の給食については、おじいちゃんやおばあちゃんにも、ぜひ話をきいてみてください。

1月27日(火)

 

 

牛乳

さつまいもごはん

すいとん

鶏のきのこあんかけ

 

全国学校給食週間2日目の今日は、今から72年前の給食をイメージした献立です。
1943年の日本は、太平洋戦争のまっただ中でした。5年以上も続く戦争で、食べるものがどんどんなくなり、次の年には学校の給食も中止となりました。
お米が足りないので、今日の給食のようにさつまいもを足して量を増やしたり、すいとんを汁物に入れて、おなかいっぱいになるようにしたりと、一生懸命工夫して、少ない材料で食事の用意をしていたそうです。


今の時代は、食べものがあふれていて困ることがありません。感謝の心をもって今日の給食をいただきましょう。

1月26日(月)

 

 

牛乳

ごはん

豚汁

鮭の塩焼き

ひじきの炒り煮

 

今週は全国学校給食週間です。
これは、わたしたちが毎日食べている給食について、歴史や、給食室のことなどを知ったり考えたりしよう、という1週間です。
そこで今週は、給食の歴史を知る、特別な献立が登場します。食べながら給食の歴史を知ってほしいと思います。

 

さて、日本初の給食は、今から123年前、山形県のお寺につくられた学校で出されました。
家が貧しくて、お弁当が持って来られない子がたくさんいたので、お寺のお坊さんが用意してくれていました。そのころの給食は、おにぎり、焼き魚、漬け物、という献立でした。
今日はそんな123年前の給食をイメージしているそうです。昔は三品だけだったことを心にとめながら、今日の給食を食べてみてください。

1月23日(金)

 

 

牛乳

黒パン

クリームシチュー

白身魚とベーコンのソテー

ボイルブロッコリー

 

3学期が始まって2週間。体調が悪い人や風邪をひいている人はいませんか?
風邪をひかないようにするには4つのポイントが重要です。

 

1日3回、野菜たっぷりの食事をする。
夜ふかししないでよく寝る。
外から帰ったら必ず手を洗う。
天気がいい日は外で体を動かす。

 

この中でも特に、食事とよく寝ることは、どんな薬よりもききめがあります。
献立表を見るとわかるように、学校の給食には多くの野菜が入っています。出されたものをきちんと食べて、風邪に負けないからだをつくりましょう。

1月22日(木)

 

 

牛乳

たこめし

かぶの味噌汁

レバーの甘辛揚げ

ミニトマト

 

今日も2年生の育てた大根を使った給食です。お味噌汁に入っていますから探しながら食べてください。やわらかくて、みずみずしい大根です。
 

それから、今日はごはんにも特別なものが入っています。そう、たこです。
たこめしは、四国や兵庫県など瀬戸内海に面した地方の郷土料理です。瀬戸内海でとれたたこを小さく切り、野菜と一緒に炊き込んだごはんです。愛媛県松山市にはたこめしなど、たこの料理だけを出す専門店もあるそうです。
いつもとはちょっと違うお味噌汁と、炊き込みごはんを楽しみましょう。

1月21日(水)

 

 

牛乳

ごはん

麻婆大根

中華風コーンスープ

みかん

 

和光市の、とれたての野菜を給食で使う、というのはみなさんご存じですよね。
今日の麻婆大根は、さらにひと味違うはずです。なぜなら今日の大根は、なんと三小の校庭で2年生が育てた大根だからです。
調理員さんたちは料理をするときに「いつもの大根よりも、みずみずしくて、切りやすかったです。きっとおいしい大根ですよ」と、言っていました。
2年生に感謝して、ぜひ味わって、食べてください。

1月20日(火)

 

 

牛乳

けんちんうどん

鶏の磯辺揚げ

チーズ蒸しパン

 

みなさんはきちんと手を洗っていますか?
水が冷たいからと言って洗わない人や、指先を濡らしただけの人はいませんか?
乾燥している冬は、インフルエンザやノロウイルスなどの病気が流行(りゅうこう)する季節(きせつ)です。手がよごれたまま準備(じゅんび)をしたり、給食を食べたりすると、病気にかかったり、おなかが痛くなったりする原因になってしまいます。
 調理員さんは給食をつくっている間に5回以上、手を洗(あら)いなおすそうです。みなさんも、給食当番の人はもちろんのこと、手をきれいにしてから、食事の用意をしましょう。

1月19日(月)

 

 

牛乳

ごはん

鰆の柚子味噌がけ

千種和え

はんぺんのおすまし

 

おかずの魚や千種和えはもちろん、汁物にも栄養のバランスを整えるために、大切な役割があります。
汁物は、水分をとるための他に、ビタミンなどの栄養を補う役割があるのです。特に給食では、汁物に野菜をたくさん入れて、生のまま食べるよりも多くのビタミンをとれるようにと考えています。
緑のグループの食品をたくさん食べて、風邪に負けない体をつくりましょう。

1月16日(金)

 

 

牛乳

ごはん

おかかふりかけ

じゃがいものそぼろあんかけ

和光畑の味噌汁

 

和光市には、120ヘクタールの畑があります。だいたい、学校の140倍くらいの広さです。
「和光畑の味噌汁」は、そんな和光市の畑で育った旬の野菜を使ってつくる味噌汁です。季節によって具が変わります。例えば今日は、キャベツ、人参、大根、ほうれん草、長ねぎ、の5種類が入っています。ぜひ、味わいながら、探してみてください。

1月15日(木)

 

 

牛乳

ごはん

ぶりの照り焼き

ほうれん草の胡麻和え

かき玉汁

 

白いごはんに魚と野菜のおかず、汁物、という和食の献立は大人の渋いメニューです。苦手だな、と思う人もいるかもしれません。
魚や野菜をたくさん使った「和食」は、健康的な生活をおくるために効果があると、世界で注目されています。今日の給食のような献立が、大人になってからもずっと、みなさんに食べてもらいたい食事の基本です。
苦手な人も少しずつでいいですから「大人の味覚の料理」を食べることを、練習していきましょう。

1月14日(水)

 

 

牛乳

ミートソーススパゲティ

ビーンズサラダ

ヨーグルト

 

1月の給食目標は、「感謝の気持ちで食事をしよう」です。
毎日の給食は、野菜をつくる農家の方、調理してくれる調理員さんなど、たくさんの人によって支えられています。給食当番さんも、その仲間ですね。
つくってくれた人や、働いている人の気持ちを考えて、食事をする一ヶ月にしましょう。

1月13日(火)

 

 

牛乳

わかめごはん

地元おふくろ鍋

ししゃものから揚げ

いちご

 

毎年1月の終わりに市役所のそばで開催されている「全国鍋合戦」に行ったことがありますか? 日本でいちばんおいしい鍋料理を決める大会です。
鍋料理は体があたたまる、寒い時期にぴったりの食べものです。日本だけでなく、中国の火鍋や韓国のチゲ、フランスのブイヤベース、スイスのフォンデュなど、世界中にあります。
和光市の「全国鍋合戦」は今年で10年目をむかえます。そこで今日は、去年出品された鍋の1つ「地元おふくろ鍋」がおかずです。和光市でとれた野菜や団子が入った、具だくさんの料理です。たくさん食べて、体の内側からも、あたたまってください。

 

更新日:2015年02月02日 07:48:36